FC2ブログ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

【対岸の火事ではない】配当利回りに釣られて投資することのリスク

CATEGORY日本株式
ローソンの今期予想がひどい内容になっていますね。
ローソンIR

純利益が30%減、配当にいたっては255円→150円と40%減となっています。。
株価も決算翌日は10%超の下落。
ホルダーの方にはかける言葉が見つからないですね。

減配前は4%超の高配当利回りであり、配当目当ての投資家にも人気の銘柄だったんじゃないかなと思います。
完全な後付けにはなってしまいますが、元々ローソンは100%近い配当性向となっており、かつ利益も低迷していることから減配自体は予想できたのかもしれません(ここまでの大幅減配は予想だにしませんが)。

無題
出典: ローソンIR


僕の日本株ポートフォリオでも配当重視で投資している銘柄が多いので他人事ではありません。
予期せぬ減配を避けるためにも、持ち株の配当性向はチェックしておいた方が良いのかなと思います。

僕の持ち株で配当利回りが高い銘柄は以下のとおりです。
()が配当性向。

・JT 6.01%(75%)
・伊藤忠商事 4.15%(26%)
・三井住友FG 4.19%(34%)
・KDDI 4.05%(38%)
・オリックス 4.79%(30%)

JT以外は配当性向に余力があり、多少の減益があったとしても配当は維持できると考えています。
ただ、凡人には将来を見通すことは難しいので、やはり銘柄分散は重要だと思います。


にほんブログ村 株ブログへ
気が向いたらポチお願いします

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply