FC2ブログ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

dカードは高還元率で年会費も実質無料 入会時の特典も魅力

credit-card-851502_1280.jpg


昨年末にdカードを新規発行していたのですが、入会特典の「iDキャッシュバック」が反映していました。

2019031513202766e.png

dカードは還元率も良いですし、年会費も実質無料で運用できるので、僕のメインカードとして活躍してくれています。
また、この記事を書いている時点(2019/3/15)では入会時に10,000円以上の特典があることも魅力です。
(僕も特典に釣られて入会しましたw)

この記事では、dカードの入会特典についてご紹介します。


dカードの特徴


・還元率1%(利用金額100円につき1ポイント。dポイントで還元。)


・年会費実質無料(初年度無料。1度でも使えば翌年も無料。)


・付加機能: dポイントカード、iD


・国際ブランド: Visa、Master




入会特典


単純に入会しただけでもらえるのは、1,000円分のキャッシュバックだけです。
ちゃんと条件を満たして、取りこぼしがないようにしましょう。


ポイントサイトでの還元



ポイントサイト経由で申込みすることで、還元をうけることができます。
現時点ではハピタス経由での申込みがお得です。
ハピタスの場合、還元されたポイントはAmazonギフト券や電子マネーに交換できるので、使い道にも困りません。

無題
(出典:ハピタス)



iDキャッシュバック特典



特典は4つあり、合計で8,000円分のiDキャッシュバックを受けることができます。
dカード入会サイト


特典①



入会するだけで1,000円分のキャッシュバック。特別な条件はありません。


特典②



ドコモの利用料金をdカード払いにすると1,000円分のキャッシュバック。
ドコモユーザーの方は設定しましょう。


特典③



入会翌月末までに20,000円(税込)以上を利用すると4,000円分のキャッシュバック。
ドコモ利用料金や電子マネーチャージなどは対象外となりますので、注意してください。
▶ 条件はこちら


特典④



特典③へのエントリー&「こえたらリボ」「キャッシングリボ」の設定で2,000円分のキャッシュバック。
リボの利用がなくても、設定だけでキャッシュバックをうけることができます。

「こえたらリボ」は"毎月の指定支払額3万円以下"が条件となりますので、とりあえず3万円にしておけば良いでしょう。
名前のとおり、設定金額を"こえた"分がリボ払い(=リボ手数料が発生)となるサービスです。
設定金額以下の支払いは1回払い(=リボ手数料は発生しない)となりますので、リボ手数料を発生させたくない場合は、設定金額以下の利用に収まるようコントロールしてくださいね

キャッシュバックを確認した後、指定支払額を3万円以上へ変更することもできますので、お好みでどうぞ。



上記を合計すると10,000円以上の還元になります。
特に、ハピタスを経由するだけで3,600ptも差がでるのが大きいです。

本件に限らず、Web上で何らかの買い物・申込みをする際には、ポイントサイト経由で申込みする習慣をつけましょう。



気が向いたらポチお願いします

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply