FC2ブログ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

外国株式ポートフォリオ(2020年3月〆)

CATEGORY外国株式

ポートフォリオ



無題

無題

・加重平均配当利回り: 4.7%



今月の取引



・アルファベット【GOOGL】購入(購入単価:$1,258 購入株数:4株)

・ビザ【V】購入(購入単価:$160.36 購入株数:9株)

・ジョンソン&ジョンソン【JNJ】購入(購入単価:$123 購入株数:10株)

・AT&T【T】購入(購入単価:$30 購入株数:30株)

・アルトリア【MO】購入(購入単価:$31.88 購入株数:96株)

・フィリップモリス【PM】購入(購入単価:$58 購入株数:52株)

・ユニリーバ【UL】購入(購入単価:$48.47 購入株数:20株)

・ゼネラルミルズ【GIS】売却(売却単価:$59.14 売却株数:83株 確定損益:△$621.86)


今月はかなり活発に売買を行いました。
逆行高を演じていたゼネラルミルズは全株売却。良い仕事をしてくれたと思います。
MO、PMはJTからの資金シフト(関連記事)。JT、MO、PMでおおよそ均等配分に調整しました。



今月の配当



・V:$4.33
・PFF:$18.05
・IBM:$54.94
・JNJ:$58.30
・XOM:$38.32
・MMM:$34.95
・UL:$39.30
・BLK:$36.53



2020年_確定損益



・キャピタルゲイン △$607.24
・インカムゲイン △$712.40



FF金利見通し



・マーケットの金利見通し(2020年末時点)


無題
出典: FedWatch [ ユーザーガイド ]

100%、0!



大規模な金融、財政政策の発動を受けて、マーケットは若干落ち着きを取り戻したように見えます。
ただ、実態経済の悪化は当面続くでしょうから、上昇するにしても限定的ではないかな。
まあ、僕には底を当てるような力量は無いので、この危機を乗り越え長期的に繁栄できると思える企業を、買い急がずマイペースに投資していきたいと思います。
おかしな投資をしなければ、10年後には笑っていられる。はず・・・


COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply