FC2ブログ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

メキシコ中銀が3会合連続の利下げ

CATEGORYFX
メキシコ中銀が政策金利を0.25%利下げしました(7.75%→7.5%)。

2019年末の金利水準のコンセンサスは7.25%となっているようで、12/19の金融政策決定会合でも0.25%の利下げが予想されます。
FXでスワップ目的でメキシコペソを買い建てしている身としては、スワップポイントの動向が気になるところです・・・

利用しているヒロセ通商の11/1~11/15のスワップポイント(10万通貨あたり)は113円/日≒41,000円/年。
レバレッジをかけなければ、10万通貨あたり¥567,000必要なので、41,000/567,000=7.23%と政策金利を若干下回る利率となっている。
この水準がさらに下がるのかは注視しておきたい。

為替レートの方は0.5%の利下げを織り込んでいたようで、メキシコペソ買いに振れている。

無題

年内は大きな波乱無く狭いレンジ相場が続くんじゃないかな。


COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply