FC2ブログ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

KDDI(9433)を安心してホールドできる理由

CATEGORY日本株式
50634c6ba92c95320a4188f890279826_s.jpg


KDDIホルダーとしては、10/1~の改正電気通信事業法に対する各社の対応が気になるところでしたが、大手3社の対応が出そろいました。
参考記事

若干の違いはあるものの大差はなく、違約金や長期契約割引は規制にあわせた内容となりましたが、通信料金は従来水準と変わらず。
リスク要因だった楽天のキャリア参入もサービス提供が遅れており、すぐに脅威となる可能性は低そう。

昨年の菅官房長官の4割値下げ発言以降、値下げ競争が懸念されていましたが、業績への影響懸念は和らいだと思っています。


直近で発表されたMMD研究所による調査結果も見てみます。
印象的だったのは、格安SIMの認知度が9割を超えているのに、利用率の上昇は鈍化している点。
既に格安SIMというサービスレベルをさほど変えずに通信料金を下げれるサービスがあり、認知もされているにも関わらず、シェアは限定的となっています。

結局、切り替えするのが面倒くさいってことなんじゃないですかね。
たかだか月数千円の倹約をするために、面倒な手続きをしたくない。
と考えるユーザーが多いということではないでしょうか?

KDDIは僕の日本株ポートフォリオの主力銘柄になっていますが、安心してホールドを継続できそうです。

COMMENTS

0Comments

There are no comments yet.

REPLY

Leave a reply