FC2ブログ

投資まなぶろぐ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

Top page  1/27

メキシコ中銀も利下げ!世界的に利下げ合戦の様相

CATEGORYFX
メキシコ中銀が政策金利を0.25%利下げしました(8.25%→8.0%)。
利下げは2014年6月以来で、約5年ぶりとなっています。
世界的に利下げ合戦の様相となっていますので、更なる利下げの可能性も十分ありそうです。
ロイター

FXでメキシコペソを買建しているので、スワップポイントの動向が気になるところ・・・
我らが日銀にはこれ以上の追加緩和は難しそうですので、円高局面が続きそうですし、FXは厳しい展開となりそうです。


にほんブログ村 株ブログへ
気が向いたらポチお願いします

【ソーシャルレンディング】プレリートファンドより繰上返済通知

CATEGORY雑記
僕はソーシャルレンディングで一部資金を運用(直近の運用状況)していますが、プレリートファンドより以下ファンドの繰上返済通知がありました。


無題


個人的にソーシャルレンディングへの投資は失敗だったと感じていて、早く資金を回収したいと思っているので、これはうれしいです。
残すはプレリートファンドで¥50,000(2020/3/31償還予定)の資金を回収できれば、ソーシャルレンディングからは足を洗えることになります。


ソーシャルレンディングと言えば、LCレンディングの親会社(LCホールディングス)から、「継続企業の前提に関する事項の注記」が発表されたことが話題になっています。

✓ 2019年6月末時点での1年以内償還期限の出資預り金残高は6,347百万円
✓ maneoマーケットを通じたリファイナンスができなくなった為、出資預り金の償還が困難となるおそれがある
✓ 対応策として外部からの資金調達や、販売用不動産の売却を実施する

という状況のようです。
LCレンディングは上場企業の看板(安心感)を担保に資金を集めていた面があると思いますが、償還は不透明な状況となってしまいました。
個人的には、LCレンディングに限らずソーシャルレンディングからは距離を置いておく方が賢明だと思います。


にほんブログ村 株ブログへ
気が向いたらポチお願いします

日本株式ポートフォリオ(2019年8月16日〆)

CATEGORY日本株式

ポートフォリオ



20190816220351e7f.png



今週の取引



アクシーズ【1381】売却(売却単価:¥2,253 売却株数:300株 確定損益:▼¥210,330)



今週の配当



なし



2019年_確定損益



・キャピタルゲイン △¥19,242
・インカムゲイン △¥305,491



今週のトピックス



・貿易摩擦


今週はトランプ氏が中国への追加関税発動を12月に先送りすると発表したことで、安心感から一時買われましたが、翌日にはダウが800ドル値下がりするという荒い展開となりました。

それにしても、債券が買われすぎじゃないですかね・・・・
日本の長期債が-0.2%、ドイツにいたっては-0.7%ですってw
ちょっと意味が分からないです。
債券バブルなんじゃなかろうか。



にほんブログ村 株ブログへ
気が向いたらポチお願いします

四半期決算まとめ

CATEGORY日本株式
四半期決算が出そろいましたので、評価をまとめておきます。


銘柄評価
三洋貿易★★★★☆  
トランコム★★★★☆
伊藤忠商事★★★★☆
日本ハウジング★★★★☆
日本工営★★★★☆
KDDI★★★☆☆
三井住友FG★★★☆☆
オリエンタルコンサルタンツHD★★★☆☆
日本管財★★★☆☆
空港施設★★★☆☆
ハビックス★★★☆☆
JT★★★☆☆
JALUX★★☆☆☆
オリックス★★☆☆☆
トーモク★★☆☆☆


トピック



【日本工営】


<2019年6月期 業績予想(期首)>
売上高(百万円):115,000(前期比8.5%)
営業利益(百万円):6,200(前期比-5.5%)
当期純利益(百万円):4,100(前期比-10.0%)

<2019年6月期 業績結果>
売上高(百万円):108,589(前期比2.4%)
営業利益(百万円): 5,110(前期比-22.1%)
当期純利益(百万円):3,318(前期比-27.2%)

<2020年6月期 業績予想(期首)> ※日本基準
売上高(百万円):127,700
営業利益(百万円):5,800
当期純利益(百万円):3,600

<2020年6月期 業績予想(期首)> ※IFRS
売上高(百万円):127,700
営業利益(百万円):6,700
当期純利益(百万円):4,500

配当予想:100円(前期比33.3%)


2019年6月期は残念な内容となりましたが、今期は増収増益を見込んでいます。
業績予想だけでは過度な期待はできませんが、配当予想を大幅に引き上げており、今期の業績に対する自信(決意)が感じられました。
また、あわせて発行済株式総数比5.10%の自己株式取得も発表しており、ちょっとしたサプライズでした。
株価も前日比で大きく上昇しています。

なお、今期からIFRSを適用することで財務報告上の利益がかさ上げされます。


にほんブログ村 株ブログへ
気が向いたらポチお願いします

アクシーズ(1381)を売却

CATEGORY日本株式
アクシーズ(1381)を¥2,253で売却しました。
〆て、¥210,330の損切りとなります。

理由は8/9発表の2020年6月期の業績予想が非常に渋い内容となったため。


<2019年6月期 業績予想(期首)>
売上高(百万円):19,050(前期比-1.6%)
営業利益(百万円):2,700(前期比-9.7%)
当期純利益(百万円):2,000(前期比-6.2%)

<2019年6月期 業績結果>
売上高(百万円):19,586(前期比1.1%)
営業利益(百万円): 2,431(前期比-18.7%)
当期純利益(百万円):1,807(前期比-15.2%)

<2020年6月期 業績予想(期首)>
売上高(百万円):19,600(前期比0.1%)
営業利益(百万円): 2,100(前期比-13.6%)
当期純利益(百万円):1,560(前期比-13.7%)


これは駄目ですね・・・
売上こそ何とかキープしているものの、営業利益は激減しており、理由は飼料原料価格や人件費高騰によるもの。
これらの課題を解決して成長していくイメージはできず、ジリ貧になる可能性が高いと判断し撤退することにしました。

結果論にはなりますが、売上を伸ばせずコスト増による厳しい展開というのは十分に予想できた範疇であり、そのリスクを取ってまで同社に投資する理由があったのだろうかと。
非常に反省が残る投資だったと感じます。


にほんブログ村 株ブログへ
気が向いたらポチお願いします