FC2ブログ

投資まなぶろぐ

30歳で億万長者になれなかったサラリーマンが、日々投資を学び経済的自由を手にするまでの軌跡を綴る

Top page  1/34

年間投資成績について

CATEGORY運用状況
早いもので今年も残り2か月弱となりました。
年末年始で年間の投資成績をまとめようと思っていますが、事前準備もかねて直近5年間の投資成績を集計しました。

年間投資成績


無題
※累計は2014年末=100とした場合のパフォーマンス


目標


資産残高+10%(2019~)



2018年末を基準として、資産残高(追加出資も含めた総資産残高)の年間10%増加を目標とします。


ベンチマークのアウトパフォーム



個別株投資をするからには、インデックスを超えるリターンを目指したいです。
代表的な以下2つの指数をベンチマークとし、追加出資を除いた投資リターンのアウトパフォームを目標とします。

・TOPIX(配当込み)
・S&P500(配当込み、円換算ベース)



できれば投資開始当初~の成績をまとめたいところですが、結構骨が折れるので追々の目標ということにします。。


日本株式ポートフォリオ(2019年11月8日〆)

CATEGORY日本株式

ポートフォリオ



20191109110046bdc.png



今週の取引



なし



今週の配当



なし



2019年_確定損益



・キャピタルゲイン ▼¥900,896
・インカムゲイン △¥409,880



今週の決算



・三洋貿易(評価: ★★★☆☆)

三洋貿易の今期決算は以下のとおり増収増益となりました(期首予想に対しては、売上は未達・利益は達成)。

<2019年9月期(期首予想)>
売上高: 85,000百万円
営業利益: 5,600百万円
当期純利益: 3,900百万円

<2019年9月期(実績)>
売上高: 83,230百万円(前年比+6.1%)
営業利益: 5,871百万円(前年比+11.6%)
当期純利益: 4,018百万円(前年比+10.5%)


来期も増収増益を見込んでいるものの、増益幅は今一つとなっています。
ただ、直近5年間の決算を見ると保守的な利益予想をしているように見受けられ、期首予想<期末結果となっていますので、来期も上振れを期待したいです。

無題


また、あわせて2019年10月から2021年9月までの2年間を対象期間とする中期経営計画が発表されています。
2年間のCAGRは、売上高:10.7%、経常利益:5.02%と堅実な成長を目標においています。

無題


11/8時点での予想PERは7.9倍、予想配当利回りは3.2%となっており、いぜんとして割安感があります。
ファンダメンタルズに変調が無い限りは売却は考えていません。


・三菱商事(評価: ★★☆☆☆)

三菱商事は2020年3月期の業績予想を下方修正しました。
(修正前)当期純利益: 600,000百万円 → (修正後)当期純利益: 520,000百万円

既に報じられていた原油デリバティブ取引での損失(▲350億円)を含め、800億円の下方修正となります。

無題

減益予想にはなりますが、通期の配当予想は125円→132円へ5.6%引き上げられました(予想配当利回り:4.6%)。
自己株式の取得枠も1,000億円強残っており、決算はよろしくないですが、下値は限られると考えます。


他、以下2銘柄の中間決算発表もありましたが、進捗は良好でした。

・ハビックス(評価: ★★★★☆)
・日本ハウズイング(評価: ★★★☆☆)



10月下旬~マーケットはアゲアゲの状態が続いており、僕のポートフォリオも日々資産が増加するボーナスステージとなっています。
決算もおおむね良好な結果で通過しており、素直に株価が上昇してくれているのは喜ばしいことです。

世界的な金融緩和や、ブレグジット・日米貿易協議などの不安の種が一旦落ち着きを見せていることから、年末までは株高が続きそうな気がしますね。
と、楽観的になりだすと危ないわけですがw

個々の銘柄の割安感をしっかりウォッチしながら、冷静に相場に臨みたい。
追加投資はしばらくしないでしょうね。


日本株式ポートフォリオ(2019年11月1日〆)

CATEGORY日本株式

ポートフォリオ



20191103204223a4a.png



今週の取引



なし



今週の配当



なし



2019年_確定損益



・キャピタルゲイン ▼¥900,896
・インカムゲイン △¥409,880



今週のトピックス



・米経済指標


ISM製造業景況指数 ➡「予想:48.9」に対して「結果:48.3

雇用統計
- 非農業部門雇用者数 ➡「予想:8.9万人」に対して「結果:12.8万人
- 失業率 ➡「予想:3.6%」に対して「結果:3.6%
- 平均時給(前年同月比) ➡「予想:3.0%増」に対して「結果:3.0%増

ISM製造業景況指数は3ヵ月連続の50割れ。
一方、雇用統計は予想を上回る結果となりました。


今週の決算



・オリックス


評価: ★★★☆☆

内容は良くなかったです。
通期の純利益予想は前期比-7.3%の予想、配当も76円で増配はストップの予想となっています。
ただ、1,000億円を上限とした自社株買いを発表しており、発行済株式総数の5%を超える部分については償却することもあわせて発表しており、株価の下支えにはなりそうです。


・JT


評価: ★★☆☆☆

内容は悪かったです。

無題1

前回に続き、通期業績の下方修正を発表しました。
配当については期首予想の年154円は維持される見込みです。
次回、2020年度の業績予想がはたしてどうなるか・・・?
万一、減配を発表するようなことがあればJTへの投資は考え直さねばなりません。


・KDDI


評価: ★★★☆☆

まずまずの結果でした。

無題3

進捗率としては通期業績目標を達成できるペースできています。
面白味は無いものの、安心感のある結果となっています。


保有株の御三家(オリックス・JT・KDDI)の決算結果はパッとしない内容でした。
元々、さほど期待値が高くないため、冴えない結果でも株価への影響が限定的なのが救いですw

この他にも以下保有銘柄の決算発表がありましたが、順調な進捗状況が確認できました。
マーケットも上向きの状況となっていますので、今月も株価伸長が期待できます。

・日本管財(評価: ★★★★☆)
・JALUX(評価: ★★★☆☆)
・空港施設(評価: ★★★★☆)
・トーモク(評価: ★★★★☆)
・伊藤忠商事(評価: ★★★★☆)
・東テク(評価: ★★★★☆)

ポイント獲得実績(2019年10月〆)

どの位ポイント獲得(キャッシュバック等含む)しているのか把握できていなかったので、今年から管理し始めました。
塵も積もれば山となるのか!?


獲得実績(¥相当)




ポイント合計
1月 8,349
2月 23,551
3月 12,798
4月 5,298
5月 19,014
6月 13,364
7月 15,246
8月 31,065
9月 37,361
10月 14,927
2019合計 180,973


内訳



5.png


5月トピック



5月はヒロセ通商の口座開設をした際に、ポイントサイト(モッピー)経由で申込み&取引条件を満たしたため、9,000ptを獲得→楽天ポイントへ交換しました。
また、3月に実施していたポイントパーティー&春の超Payトク祭でのLineポイント・Payも¥6,000分が無事に還元されました。


6月トピック



平成最後の超Payトク祭での獲得分(¥5,000分)が大きかったです。


7月トピック



じぶん銀行スマホデビットの還元施策が無事にキャッシュバックされました。


8月トピック



A8.netのセルフバックで"三井住友VISAエブリプラス"を発行したことによるキャッシュバック(¥21,000)が大きかったです。


9月トピック



A8.netのセルフバックで"三井住友VISAカード クラシック"を発行したことによるキャッシュバック(¥20,000)獲得。


10月トピック



これといったトピックなし。
Pay払いのキャンペーンは終息してきており、ボーナスステージは終了した印象。


【公開】資産運用状況(2019年10月〆)

CATEGORY運用状況

内訳



※リンク先は直近のポートフォリオ
資産内容 評価額
日本株式 ¥22,354,200
米国株式 $91,094
(¥9,839,100) 
FX ¥1,550,455
債券 ¥1,670,580
ソーシャルレンディング  ¥50,000
投資信託積立 ¥654,548
確定拠出年金 ¥1,410,640
キャッシュ(円) ¥222,326
キャッシュ(ドル) $248
(¥26,803)



資産総額



✓ 2019年10月末: ¥37,778,741
✓ 2018年12月末: ¥34,755,114



パフォーマンス(前年末比)



✓ 追加出資分込み:△8.7%
✓ 追加出資分除く:△4.4%



追加出資



✓ 2019年10月:¥127,500(投資信託積立:¥50,000 確定拠出年金:¥27,500 キャッシュ:¥50,000)
✓ 2019年累計:¥1,485,500


9月に引き続き株高が継続してくれているおかげで資産総額は前月比3%ほど増加しました。
年内は堅調な地合いが続くんじゃないかと予想しています。