FC2ブログ

投資まなぶろぐ

アラフォーで会社を辞めた子持ち男性が、自分なりのセミリタイアを模索するブログ

Top page  1/61

日本株式ポートフォリオ(2021年4月16日〆)

CATEGORY日本株式

ポートフォリオ



202104161507310e4.png



今週の取引



なし



今週の配当



なし



2021年_確定損益



・キャピタルゲイン △¥747,560
・インカムゲイン △¥36,815



今週の決算



・バリュエンスホールディングス(9270)


バリュエンスHDの中間決算。
売上高は前期比16.9%増と大幅増だが、利益が大幅減・・・
純利益にいたっては赤字となり、「オイオイ大丈夫か!?」という内容。
説明としては、3Q以降伸長のための先行投資費用拡大等が要因であり、3Q以降は業績拡大を見込むとのことだが・・・

無題
<出典>https://www.valuence.inc/ir/

通期計画達成のハードルは高そうだが、3Q以降の結果を見届けた上で、持株処分を検討することにします。
ストップ安もあるかな・・・と思ったが、決算翌日一時2,400円まで急落するも、その後は値を戻してきており、思ったほど酷い目にはあわずw
3Qの結果も良く無ければ暴落しそうですね。


・シンメンテホールディングス(6086)


2021年2月期の通期決算発表。
会社予想は大幅未達で着地。。
緊急事態宣言の再発動が響いたか・・・

そして、今期の予想。

無題

回復は鈍いですが、ワクチン接種も進まないし、また感染拡大しそうな状況も考えると、致し方なしか。
乃村工藝社と同じく、コロナ影響が大きい銘柄なので、しばらくは辛抱する覚悟で保有継続します。
来期にはコロナ禍前の業績を目指せると良いんですけどね~・・・


【退職時の行動記録】雇用保険(基本手当)について

先日、ようやく離職票が届いたので、ハローワークに赴き失業給付の手続きをしてきました。
事前にネットで調べたところ、かなり混みあうようでしたので、朝一開業前に行ったのですが、既に30~40人も並んでおり、すごい人気ですねw

WEBで仮登録というものをやっていたおかげもあってか手続き自体はスムーズに進みましたが、待ち時間が長く、結局1.5時間程度かかってしまいました・・・

求職活動実績について


僕の場合、自己都合退職になりますので、色々なサイトで調べたところ、「初回認定日までに1回」「給付制限終了後の認定日(二回目の認定日)までに2回」の求職活動が必要と認識していました。
ただ、「初回認定日までに1回」については『雇用保険説明会』がカウントされるため、急いで動く必要はないなと思っていたのですが、コロナ影響により中止とのこと・・・
「マジか~・・・何か1回カウントされる活動しなきゃいけないのかな~・・・」
と思いながら説明を聞いていると、「初回認定日までに1回」の活動は不要で、「給付制限終了後の認定日(二回目の認定日)までに2回」の実績を作ればOKと分かり安堵 ε-(´∀`; )

7月初まで猶予があるので、活動実績の作り方等、勉強せねば!


日本株式ポートフォリオ(2021年4月9日〆)

CATEGORY日本株式

ポートフォリオ



20210409162409538.png



今週の取引



・三洋貿易【3176】購入(購入単価:¥1,100 購入株数:200株)


今週は三洋貿易を少しだけ買い増ししました。
世界的に製造業の業績回復が進んでいることと、同社の1Q決算も良好な結果だったことから、今期の業績上振れが期待でき、中期的にはコロナ禍前の高値(1,400円)を狙えると考えての追加投資です。





今週の配当



なし



2021年_確定損益



・キャピタルゲイン △¥747,560
・インカムゲイン △¥36,815



今週の決算



・クリーク・アンド・リバー社(4763)


前期結果は1月発表時の予測を上振れて着地。
四半期ベースで見ても、2Qを除き二桁の増収増益を達成しており、素晴らしい結果だったと思います。

無題
<出典>https://www.cri.co.jp/stockholders/library/results_briefing.html


あわせて、2024年2月期までの中期経営計画が発表されました。
3年間で、
・売上高: 373億→460億円(CAGR7.2%)
・営業利益: 24.4億円→35億円(CAGR12.8%)
となかなか見栄えの良い計画になっています。

盛っている部分もあると思うので鵜呑みにはできませんが、直近3か年(2018/02→2021/02)の実績だと、
売上高→CAGR11.8%、営業利益→10.7%
ですので、成長継続できればあながち無理な目標とも言えなさそうです。

無題

本発表を受けて、今日の株価は大きく上昇。
今期の予想EPSベースのPERは20.0倍と、過去5年間の平均PER19.4倍と比べてもやや割高な水準とはなっていますが、中期経営計画どおりに進捗してくれるのなら、まだ持てる水準かな。
短期的にもう一段上にいくようなら、一部利確するかもですね~



・乃村工藝社(9716)


前期実績としては、売上・営業利益は予想未達。かろうじて純利益は達成。
四半期ベースで見ると、4Qでは挽回が見られた。
無題

過去のことは分かっていたことなので良いとして、さて今期の予想は・・・

無題

この銘柄については急回復は望めず、まあこんなもんか。という印象。
購入時点(2021年1月)で数年は辛抱する覚悟で仕込んでいるわけだし。
減配が無いかが一抹の不安でしたが、そこは維持してくれたので一安心。


PayPay銀行の口座開設で4,500円GETだぜ!

ジャパンネット銀行が「PayPay銀行」に商号変更に伴い、最大4,500円の現金プレゼントキャンペーンが開催されています。

無題

僕のように旧ジャパンネット銀行口座を持っていない人には必見のキャンペーンです。
条件達成のハードルが低く、たいした手間もかけずに4,500円の現金獲得が可能です。

口座開設の申込期間


2021年4月5日(月)~2021年4月30日(金)


条件


条件①:PayPay銀行口座を開設


専用フォームから個人情報登録、本人確認書類をアップロードするだけです。
僕の場合、申込→口座開設完了のお知らせが届くまで3時間程度でした。
非常にスピーディですね ^ ^

条件②:開設月の翌月末までに、開設した口座に1度に15,000円以上を入金


これも、別に振込手数料無料のメイン口座をお持ちの方なら、費用・時間をかけずに達成できます。

条件③:開設月の翌月末までに、開設した口座をPayPayチャージ用口座に登録


これもPayPayを利用されたことがある方であれば簡単な条件ですが、PayPayアプリ上での本人確認も必要となることが若干面倒くさいですね。
僕もPayPayの本人確認は済ませていなかったので、この機会にやってみましたが、即日では本人確認完了せず、翌日に持ち越してしまいました。


条件①~③まで、作業時間としては合計30分程度で完了したと思います。
時給換算だと9,000円の案件になりますし、手間以外のデメリットも見当たらないため、活用できる方は必見のキャンペーンだと思います。


15,000円の口座残高の使い道は・・・?


PayPay残高にチャージして使おうか、キャッシュバック後に引き出そうかと考えていましたが、ご丁寧にこのようなキャンペーン通知が・・・

無題

Visaデビットを3回以上利用するだけで1,000円のキャッシュバックがもらえるという、これまたお得な条件となりますので、口座残高の使い道としてありがたく活用させていただこうと思います♪


【退職時の行動記録】公的年金について

先週、退職後の『健康保険』の手続きを済ませましたが、本日は『公的年金』の加入手続きを行いました。

健康保険同様、いくつか選択肢がありましたが、

①国民年金に加入(第1号被保険者)
②次の職場で厚生年金に加入(第2号被保険者)
③妻の扶養に入る(第3号被保険者)


②については、切れ目なく再就職する必要があり、僕の場合は対象外ですし、③についても健康保険同様の理由で選択肢から外れます。
よって、『①国民年金に加入』一択となりました。

手続き自体は簡単なもので、会社から配布された年金手帳と社会保険資格喪失連絡票を役所へ持参し、申請書類に記入するだけで、10分もかからず終了しました。
今後、1か月程度で納付書が郵送されるため、支払いについてはそちらを待つことになります。


付加年金について


今回、国民年金の手続きとあわせて、『付加年金』の加入申請も行いました。
付加年金とは | 日本年金機構
付加年金については色々なサイトでも解説されていますが、受給開始後2年間で納付保険料の元がとれることから、非常にお得な制度となっています。
気になる点としては、日本年金機構のサイトにも記載があるように、インフレに対応できないことくらいでしょうか。
"付加年金は、老齢基礎年金と合わせて受給できる終身年金ですが、定額のため、物価スライド(増額・減額)はありません。"

手続き的には、国民年金の申請書類内の記入欄に記載するだけでしたが、担当者から確認や説明は無く(あまり周知したくないんでしょうかw)、自分から申し出ないとスルーされてしまうところでした。
認知しておらずに損をしている方々も沢山いそうですね・・・
この件に限らず、知らないだけで損をすることは多々あるでしょうから、お金に関する勉強や情報収集の重要さを改めて感じます。

▼付加年金ついては、こちらのサイトで分かりやすく解説されていました。